読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴一の《つくる》ブログ

いろいろ作りたいです

冬だ!レモンだ!レモネードを作ろう!

 

レモネードって
英語だと、lemonadeでしょ。

lemon-ade レモン-エイド


エイドって「助ける」みたいな意味なかったっけ?
バンドエイドbandaidのエイドaidみたいなさ。

だから、レモネードって「レモンの助け」みたいな意味が込められているんかな?!
冬に風邪防止として飲みなされ!レモンのビタミンCに助けを求めよ!みたいなさ!

 

 

ってワクワクしてたら、綴りが違うやん…。
私のドキドキ返して。

 

ちなみにadeって「果汁で作った飲み物」って意味らしい。
「レモンの果汁で作った飲み物」ってか。ひねりの一つもないんかい。
私のドキドキ返して。

 

 

 

とは言っても、レモネードに罪はない。私の好物。
2年前くらいにニューヨークのマーケットで飲んだレモネードが

めちゃめちゃ美味しかったの。
あれ以来、どこでも見つけると飲んでるんだけど、

あれを超えるものに会ってない。
あと、日本だとレモネードって、基本的に水?で割ってあるけど、
海外だと炭酸なことが、ちょこちょこある。私、炭酸、嫌いなのです。
店員さんに確認するか、一か八かで頼むんだけど、

炭酸だった時点で、私ニハ味ワカラナイネ。
炭酸って苦いよね。

 

 

さあ本題、レモネードを作ろう。
レモネードのレシピを検索すると、


レモン

砂糖or蜂蜜  
を瓶に入れて、しばらく待つみたい。


そして砂糖が、氷砂糖か白砂糖かグラニュー糖かお高い砂糖かの違いくらい。


私は、台所で発見した氷砂糖を。
白砂糖もあったけど、ちょっと良いもの使いたいお年頃だからね。
あ、グラニュー糖もあったから、次回はグラニュー糖ね。

 

 

肝心のレモンは、お母様の庭から盗ってきましたよ。
あ間違えた、「取ってきた」ですね。
レモンの木があるんです。
大量になる年もあれば、今年みたいに10個くらいしかならない年もある。

気分屋なレモンの木です。
(レモンの気のせいにする時点で、世話してないのバレる)
(あ、レモンの気ですって。木じゃなくて。クスクス)
(この文章を真顔で書いてる自分が時々こわい)


外国産だとワックスっていうのをよく使ってるみたいなので、

しっかり洗ってください。
私のレモンは、さっき世話してないってのは、バレてるので、

農薬もあったこっちゃないんですけど、
一応ごしごし洗って、乾かしておきます。

 

あとは、皮をむく派かそのまま派か。
厚い皮と薄皮の間の白い綿みたいなところが入ると、苦味が出るそうなので、
私は皮をむきました。
でもレモン1/2個だけ、皮を残したままにしました。
グラスに入れたときに、恰好つけたいからです。
なのでレモン2と1/2個は、皮を剥いて輪切り、1/2個はそのまま輪切りです。

 

そして後は、瓶に入れるだけとなったレモンの重さを図って、
同量の氷砂糖を用意します。

 

そして、煮沸消毒なりなんなりした清潔な瓶に、
氷砂糖とレモンを交互に入れます。
蓋をして、室温に置いておくと、だんだん砂糖が溶けていきます。
私はレモン3個分で一日くらいで完全に溶けました。

 

 

あとは、コップに適当に入れて
冷たい水かお湯で割って飲みます。

んー、NYのレモネードには、勝てなかった…

なに使ってるんだろう…

でもやっぱり、素材がシンプルなあたり、

市販のものよりも、素朴でおいしいです。

 

今度はグラニュー糖でチャレンジしてみます。